日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)認定ホメオパス
ホームセンター長日記
センター長日記
センター長日記:62
2012年09月10日

日本ホメオパシー医学協会 からのお知らせ 

「ホメオパシーはメタサイエンス(超科学)!〜大事なものは目に見えない〜」をテーマに、今年度のコングレス(年次学術大会)を開催することに致しました。「心」や「自己治癒力」など目に見えない領域を扱い、病気を治癒に導くことのできる経験の医学であるホメオパシーは、まさに既存の科学の枠組みを超えたメタサイエンスであります。このJPHMAコングレスは多くの治癒症例ケースを発表します。

さらに今大会では、ホメオパシーのような既存の科学で説明できない事象に正面から向き合い、合理的に説明できる科学理論の構築を追求されているメタサイエンティストにもご登壇いただきます。「命」など目に見えないものを科学的取り扱うことではじめて、科学が生きた学問となり、人間を真に幸福へと導くものになると考えています。 既存の科学界に一石を投じるこの記念すべき大会に、ぜひお集まりください

日時
2012年9月29日(土)30日(日) 2日間
メイン会場
ベルサール神田
会場アクセスはこちらのページでご確認ください。
中継会場
カレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシー(CHhom)各校
札幌校 名古屋校 大阪校 福岡校 沖縄校
RAH英国本校(イギリス ※一部時間帯中継)
※関東地区会場はベルサール神田のみ、CHhom東京校への中継はございませんので、ご注意ください。
※ベルサール神田での中学生未満のお子様連れ受講はできませんのでご注意ください。他会場でのお子様連れ受講は施設により定員、条件が異なりますので直接お問合わせください。

参考リンク先

http://congress.jphma.org/

 

2012年08月12日

ロンドンオリンピックも今日で閉会式となります。

寝不足の日が続いた方も多いのではないでしょうか。

どの選手も感動を与えてくれますが、私は女子レスリングの伊調さんと吉田さんの

五輪3連覇は心身ともに超越しないとなせることではありませんので、

本当にすごい精進があったのだろうと、勝つべくして勝つレベルの姿に感嘆しました。

センターで健康相談を受けられて、とらのこ会に入っている方にはメールが入っていると思いますが

一般の方にもホメオパシーの出版物の紹介を兼ねてメールの内容をお知らせ致します。

私はすでに読んでいますが、200年前から著名な方々のセンサーの良さを知りました。

是非、ご一読ください。

以下紹介文です。


ホメオパシー出版の特別書籍セールのご案内です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ボルト選手金メダル記念セールのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ロンドンオリンピックも、いよいよ終盤戦。
大きな話題を呼んだ、世界最速の男ウサイン・ボルト選手の
2種目金メダル制覇はご覧になりましたか?

多くの有名スポーツ選手がホメオパシーを使っている事は
すでに周知のお話ですが、ボルト選手のホームドクターである
Dr Muller-Wohlfahrt氏はホリスティックな治療アプローチで有名。
とりわけ、ホメオパシーレメディーが治療の中核と言われています。
ボルト選手の強さの源は、ホメオパシーにもあるのかもしれません。

今回、ボルト選手の伝説の2冠を記念して、特別セールを行います。
「世界の一流有名人がホメオパシーを選ぶ理由」を、
この機会にぜひ読み解いてみませんか?


■『世界の一流有名人がホメオパシーを選ぶ理由』

デイナ・アルマン著/由井寅子日本語版監修/宮本真紀訳
504ページ  A5判

作家、芸術家、俳優、スポーツ選手など、古今東西の有名人と
ホメオパシーの関わりをまとめた贅沢な書。
ベートーヴェンからガンジー、ベッカムまで、
時を越え国境を越えたホメオパシー支持者のそうそうたる顔ぶれに
驚くことうけあいです。

※本書で紹介されている一流有名人は、目次でご確認いただけます。
是非、下記よりサンプルページをご覧ください。
http://www.homoeopathy-books.co.jp/browsing/PA022A/index.html
(ボルト選手の掲載はありません)

■定価 /3,360円(税込) ⇒ 2,352円
☆特別セール価格30%OFF(とらのこ会員 8月31日まで)

--------------------------------------------------------------

※セールはホメオパシーブックス直営店(札幌店、東京店、名古屋店、
大阪店、福岡店)で行います。
ホメオパシー出版へのお電話での注文(送料&代引手数料あり)
でも承ります。

(お問い合わせ先)
ホメオパシー出版株式会社
〒154-0001 東京都世田谷区池尻2-30-14
TEL:03-5779-8021 FAX:03-5779-8022

※数に限りがありますので、売り切れの場合はご容赦ください。
 

2012年07月28日

読者の皆様、本当にご無沙汰いたしておりまして申し訳ありません。

 

おかげさまで当センターはかなり忙しい日々となっております。  


さて、長雨の春から、いきなりの猛暑の夏の幕開けとなっておりますが、すでに熱中症でお亡くなりになられた方もおいでになり、節電対策ばかりを報道されてますが、毎年、熱中症で亡くなられる方々への報道は少ないですね。
 

今日は夏バテを乗りきるレメディーをご紹介致します。
 

(消化器の不調には) 
フェーラム・フォス FERR PHOS
マグ・フォス MAG PHOS
ナトリューム・フォス NAT PHOS
ナトリューム ソーファー NAT SULPH

(日焼け、日射病対策には)
フェーラム・フォス FERR PHOS
ケーライ.フォス KALI PHOS
ネイチュミュア NAT MUR
 

(体力消耗 疲労には)
カルク・フォス CALC PHOS
フェーラム・フォス FERR PHOS
ケーライ.フォス KALI PHOS

などのミネラルのレメディーが有効です。
 

ただ気をつけていただきたい点として
「ビタミンやミネラルをたっぷり摂取すればとにかく健康によいと考えがちですが、
実はビタミンやミネラルを摂るだけでは、健康にはなれません。
ビタミン・ミネラルの役目はというと、その酵素が働きやすいように手助けしている物質で、主役をサポートする意味で「補酵素」といわれます。
 

つまり、酵素の中には、それだけで本来の機能を果たせない酵素があり、そのときに登場するのが補酵素というわけです。
ビタミンやミネラルは、酵素の活動を補助する「補酵素=コエンザイム(Co Enzyme)」と呼ばれます。
 

英語で、酵素のことを「enzyme」といい、これを補うという意味の「Co」がついて、 補酵素=coenzyme となります。
ですから、酵素が不足した状能でビタミンやミネラルを過剰摂取しても、決して健康にはなれないのです。
なぜなら、食べた物を消化し、代謝し、血液や細胞をつくり、呼吸し、心臓を絶え間なく動かしているのが酵素だからです。
 

現代栄養学では、人間に必要な「五大栄養素」として、炭水化物、タンパク質、脂肪、ビタミン、ミネラルの五つを重視しています。
最近ではこれに「食物繊維」が第六の栄養素として加わり、さらに抗酸化栄養素の「ファイトケミカル」も注目を集めています。
現代栄養学の視点から言えば、私たちは毎日の食事で、これらの栄養素をバランスよく食べていれば、健康を維持できると考えられています。」
 

夏ばてには、食事に気配りしていくことが一番と言えますね。
サプリメントの購入も是非、TVのコマーシャルに踊らされないで、ミネラル豊富な新鮮な野菜などをしっかり取ることをお勧めします。
私のベランダの菜園は、青じそ、ミニレタス、ミニトマト、枝豆、バジルなどが多すぎた長雨にもめげずに、しっかり収穫期準備となっています。美味しそうですよ。

 

2012年05月18日
ホメオパシー界では大変著名で、イギリス在住のオックスフォード大学出身で医師でもあり、『スピリチュアル・マテリア・メディカ』の著者であるユブラジ・シャルマ氏が、5月21日の日本の金環食を見るために来日し、医学占星術の講義を二日間にわたって行います。

アロパシー医(西洋医学)、鍼灸師、スピリチュアリストとしての側面を持つホメオパスであり、東洋医学・ホメオパシー医学・現代医学・神智学・霊的な病理・生理学を一体とする講義は簡潔、明瞭で来日講義はいつも大勢のホメオパシー学徒が集まります。今回の金環食について特別なメッセージをYoutubuにありますので、ご参照ください。

http://www.youtube.com/watch?v=wv0naQ3bA4k

メッセージの内容をお伝えすると、

「金環食をスピリチュアルにとらえると、時間的には短いですが太陽のエネルギーが入ってこない状態になり、このとき、地球の内側に存在している人間の潜在的集合意識が表面にみんな浮上してきます。同時に、人類が自分の力で高次の太陽の力を借りることなく、自分の中にある問題と戦い克服することができるチャンス、自分で克服できると知るチャンスとなります。

今回の日本で起きる金環食は、昨年の日本で起こった大災害と放射能のトラウマを自分の力で癒していく大きなチャンスとなると同時に、神道の自然神とつながるチャンスとなります。

この5月21日の金環食を境に日本が大きく変わると予言されます。
今回の金環食は、日本の人口の6割が体験する現象で、日本人の集合意識に沈められた、暗い感情や歴史などが浮上すると同時に、罪悪感政策によって奪われてしまった日本人としての誇りや自然を畏敬し自然とともに生きる神道の心を取り戻す力になるのではないかと思います。そして、真実を知り、真理に目覚める日本人が大量に出てくるのではないかと思います。 放射能を恐れてばかりいたり、誰かを責めていても解決にはなりません。世の中で起きることの中に自分自身を見いだし、自分の意識を転換することで克服していくことが大事です。

今回の日本で起きる金環食は、日本人が集合意識レベルで大きく転換するまたとない機会であり、自分で自分を癒すことができることを知り、他者を責めることで失ってしまった力を自分自身に取り戻すチャンスであります。シャルマが提案するように、5月21日、朝早いですがお近くの神社に行ってこの金環食を体験し日本の真の復興を祈りましょう。」と紹介されています。

以上の予言を信じるか信じないかは読者の自由ですが、稲妻、雹、季節はずれの豪雨、沖縄の極左化、原発停止による節電の問題、ユーロ危機、なにか世界も日本も大きな曲がり角に来ているのは間違いないと思います。

希望的にこの予言を信じてみたいです。思考は現実化するということですので、是非ポジティブに行きましょう!。

 

2012年05月12日

今年は5月21日に日本列島を横断するかたちで金環日食が起こります。日本全土で見られるのは珍しく、特に都心で観測できるのは実に173年ぶりとのこと。


日食とは、太陽、月、地球が一直線上に並ぶ時に起こるもの。地球と太陽の間に月が入り込むと月の影ができ、地球からは月が太陽の前を通過して隠しているように見えます。
また、月が地球からどのくらい離れたところにあるかによって、できる影の大きさは変わり、月が地球に近い時は太陽が完全に隠れる「皆既日食」が、離れている時は太陽のまわりが環のように見える「金環日食」がそれぞれ起こります。

ウィキペディアによりますと月の地球周回軌道および地球の公転軌道は楕円であるため、地上から見た太陽と月の視直径は常に変化する。月の視直径が太陽より大きく、太陽の全体が隠される場合を皆既日食(total eclipse)という。逆の場合は月の外側に太陽がはみ出して細い光輪状に見え、これを金環日食(または金環食)(annular eclipse)と言う。

つまり、太陽よりも月が大きく、太陽の全体が隠されると皆既日食、
逆に、月よりも太陽が大きく、月の外側に太陽がはみ出して細い光輪状に見えるものが金環日食(金環食)ということです。

日本の陸地に限ると、金環日食が観察できるのは、1987年9月23日に沖縄本島などで見られた金環日食以来のことです。

次回も2030年6月1日に北海道で見られる金環日食まで、18年間起こりません。非常に珍しい現象と言えるでしょう。私は次回は見ることがたぶん出来ません。生きていても北海道まで行くには年老いてしまっています。

貴方なら杖ついて行きそうと友人に言われそうですが。(笑)

サングラスや黒下敷きなどで観察しますと、眼がやられてしまいますので、日食グラスを購入して準備する必要があります。アマゾンでも400円位から送料無料で入手できますので、今から準備されると良いのではないでしょうか。

世紀の天体ショーですが、地球も宇宙もマクロ宇宙では一体の世界です。天空の神秘の中で、今の地球の有様、日本の天災の多さ、政治の乱れを振り返り、、美しい地球で生きることの意味を実感して謙虚な気持ちと感謝やいたわりを思い出す機会になればと思います。

曇り空になりませんよう祈ってます。

2012年04月15日

4月を迎えて、新たな環境の変化を迎えた方が多いのではないでしょうか?

私はすっかり桜の満開時期を見逃してしまいました。暴風雨の多い春でしたので、時間のある日は雨で、天気の日は仕事があり残念至極です。

昨年は大震災で花見は自粛の年でした。あっという間に一年が過ぎましたが、相変わらず震災地の復興は遅々としている様子で、本当に被災地の方々は大変だと思います。桜の開花もこれから北上して行きますが、今年もお花見の気分はないのではないかとお察しいたします。元気でいてくださいと祈るばかりです。

さて、お花見が出来なかった代わりに、我家のベランダにはかわいいハナカイドウが一枝咲きました。

今年の新年明けに引っ越して来ました事務所兼自宅ですが、枯れ木のまま残された大きな鉢があり、重くもありそのままにしておりました。かわいそうなのですぐ水をやりましたが、数ヶ月水無しで枯れたものと思ってました。

前の家よりもベランダが広いので、家庭菜園するぞと頑張って種をまき、芽が一杯出てきたところです。あまりの野菜の高騰に自衛手段で、頑張って種から蒔きました。土が大事ですので、いつも以上に時間を待って土作りをして蒔きましたので、芽がたくさん吹きだしたときは、本当に嬉しかったです。

そうした中で、折々に枯れた木に触っては、生き返ってねと話しかけていましたら、本当に立った一枝、芽吹きましてびっくりしました。

今は枯れ木の根元から新芽が出ています。数年かけた大きさの木でしたのでかわいそうですが、また成長を見ることが出来るのかも知れません。冬になったら枯れ木の部分を切ってあげるつもりです。

花が咲いて初めてハナカイドウとわかりました。本当はさぞ見事な花を枝枝に一杯つけて、桜に負けない美しさであったに違いありません。

ハナカイドウを調べましたら「ハナカイドウは一般に「カイドウ」とも呼ばれて、日本では広く北海道南部から九州まで栽培されています。リンゴと同属の落葉果樹で、原産地の中国でも古くから栽培され、その花の美しさは、中国の唐の玄宗皇帝が酔って眠る楊貴妃をハナカイドウにたとえたように、昔から美人の代名詞として使われるほどです。4月から5月の庭に新緑が目立ち始めるころに枝を埋めるようにして咲くピンク(淡紅色)の花が目に鮮やかです。」

とありました。確かに楊貴妃に例えられそうな花です。写真でどうぞ見てください。

 

2012年03月23日

例年にない、雨の多い3月ですね。桜の花どころか梅の花もかなり遅れての開花です。雪の多さや雨の多さは、日本の放射能を洗い落としてくれているかもしれないと考えますと寒くても我慢できます。3月は所用で忙しい日々が続いています。なかなかアップできませんでしたのでホメオパシー医学協会から発行されています、ホメオパシー新聞を転載させていただきます。

 

「スイスは、ヨーロッパの中でも、ベルギー、オランダ、ノルウェー、フランスなどとともに、補完代替医療の筆頭として、ホメオパシーが普及している国の一つですが、2005年にホメオパシーは、公的な医療保険の適用から外されました。しかし代替療法を求めるスイス国民からは抗議の声が多くあがり、2009年に国民投票が行われることになりました。その結果は、国民の67%の支持(反対15%)と全州の賛成という圧倒的多数で支持され、ホメオパシーを含む5つの代替療法が憲法で〝医療〟として正式に認められることとなりました。この結果を受けて、2012年に再びホメオパシーを含む5つの代替療法が公的医療保険の適用になることが決定しました。

昨年5月ドイツ、バーデンヴァイラーで開催されたロジーナさん(ドイツのホメオパス)主催のコングレスに参加し、由井会長の発表を聞いて感銘したスイス人のライターであるハンス・ピーターさんから、スイスのホメオパシー事情についての報告が届きましたのでご紹介したいと思います。

今年(2012年)の5月から、以下の5つの補完代替療法に対し、スイス政府が支援する健康保険が支払われることになります。

① ホメオパシー
②ハーブ療法
③伝統中国医学(TCM)
④人智学的医学
⑤自然療法

スイスでは、これらの中で、ホメオパシーが認知度、人気とも一番である事に疑いはありません。しかし、スイスにおけるホメオパシーの状況はダイナミックかつ複雑です。これについて簡潔にかいつまんでお話します。

スイスでは、ホメオパシーはとても根強い人気があります。人口の50%はホメオパシー商品を時折もしくは定期的に使っていると言えるでしょう。多くの人々は、ホメオパシーは作用すると見なし、副作用なく、現代医薬品の代替になると見なしています。彼らは、ホメオパシーが作用すると信じていますし、個人的経験から、実際そうである事を知っています。しかし、スイスの通常の製薬会社は、NovartisやRocheのような世界でも最大の製薬会社をはじめ大変強い位置にいます。

したがって、企業が多額のお金を使って政府に働きかけ、補完代替療法が広がらないようにする強力なロビー活動が存在します。年収マルチビリオンダラーの大企業と比較し、ホメオパシーの製造者は、経済的にちっぽけですが、公衆がホメオパシーや補完代替医療の効果にあまりに気づくと、これら大企業は財政的損失をこうむると考え、恐れているのです。したがって、彼らのロビイストは、スイス法律制定が「補完代替療法に友好的」にならない為にはどんな事もしますし、スイスメディック(医薬品認可機関)のような機関にその産業の人々を潜入させようとします。

補完代替療法を馬鹿にするキャンペーンはスイスではよく知られています。残念ながら、日本で生じている事に類似しています。幸運な事に、これらのキャンペーンは、かなりの数のスイス人の態度にはほとんど影響を及ぼしていません。しかし、もし強力なロビー活動と弁護士によって法律が変更されたら、より困難になってしまうでしょう。既に他の補完代替療法で、利用する事が難しくなっているものもあります。

アンチキャンペーンのリーダーで有名な一人は、Mr.Prof.BedaStadlerという人物で、多くのメディアのコラムニストです。彼はまた、スイスで、遺伝子組み換え商品を促進しています。

スイスより
ハンス・ピーター」

2012年02月16日

日本学術会議がホメオパシー否定の根拠としたランセットの論文を
 スイス政府医療技術評価(HTA)レポートが正式に否定!

ホメオパシー新聞   http://homoeopathy-life.cocolog-nifty.com/news/ より

「日本学術会議が、「ホメオパシーの治療効果は科学的に明確に
否定されている」とし、その根拠としてあげたのが、2005年、
スイスのベルン大学のシャン医師らのグループが発表した
英医学誌ランセットの論文です。

この論文で、シャン医師らは、ホメオパシー の医学的効果を調べた
110件の研究例(論文105本分)をメタアナリシスという手法で検証した
結果、「ホメオパシーの医学的効果はプラセボ効果に過ぎない」と
結論づけています。

しかし、この論文は<ランセット>の学術誌としての価値をおとしめた
と言われているいわくつきの論文です。
ホメオパシーを支持しているわけではないクラウス・リンデとウェイン・
ジョナスなど、複数の科学者が欠陥論文であると指摘しており、
<ランセット>ともあろうものが、この手の「不備のある」調査結果を
掲載したことに愕然としていると言わしめた学術的価値のない論文です。

今回のスイス連邦政府によるホメオパシーの有効性レポートの中に、
スイス補完医学評価プログラムの一環として、正式にこの論文を調査した
ホメオパシーHTAレポートでは、このメタ分析の不十分さを指摘する
多くの論文を考察し、シャンらの論文を再調査した結果、
ホメオパシーの臨床効果がプラセボ効果であるとしたこの論文を
支持しないと結論づけています。

日本学術会議ともあろう団体が、きちんと調査することもなく、
ランセットの価値を貶めたとまで言われている欠陥論文を
もって、ホメオパシーの治療効果は科学的に明確に否定されていると
公式発表したことは、日本学術会議の価値を貶める軽率な行為と
言わざるを得ません。同時に偽りの情報を発表し、未だ訂正していないことは、
日本国民からホメオパシーの恩恵を受ける機会を喪失させ続けているという点で
大きな過失であると言えます。」

 

以上のことから、日本でのホメオパシーバッシングが本当に時代遅れの感じですね。

医師の中でも自由診療でありながら多くの患者さんを集め、治している方もたくさんいます。

医術は権威からもっとも遠くあるべきもののはずです。正義はいつか必ず明らかになっていくものだと

確信しているので、私は自信をもってホメオパシー療法を行っております。皆様ご安心を。

 

2012年02月12日

 寒中お見舞い申し上げます。

やっと1ヶ月が経ち、引越しも落ち着きました。借りてきた猫から家猫の心境に昇格した感じです。
 
さて、皆様にとって最近のインフルエンザの流行は気になるところだと思います。
ホメオパシーでのインフルエンザ対応について知っておくと皆さんの健康に役立つホームページありますのでご紹介します。
 
このページは、日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)が「ホメオパシーレパートリー ~風邪、インフルエンザへの対応~ 」として公開したものです。
 

「予防」、「ひきはじめ」、「発熱」、「消化器系の問題」、「呼吸器」、 「頭痛」、「筋肉・四肢の痛み」、「予後のケア」、「薬の影響への対処」などの項目別に分類されています。レメディーの選択に迷った場合には役に立つ情報だと思います。

 
またレメディー辞典がホメオパシー出版から発刊されていますが、ネットでも紹介がありますので参考にしてください。
 
インフルエンザの被害はお年寄りが多いのですが、ホメオパシーは症状はありがたいという、まったく発想が逆の治癒の考え方をします。レメディーの誘引により、自己治癒力が発揮され、本来の自分にとって健康な状態(バイタルエネルギー)へと戻そうと体外にさまざまな症状として排出されて元気になっていくという考えです。
 

現代人はあまりにも薬を安易に取りすぎて、特にご年配の方々は、一回に10粒などの量で日々薬を飲んでいます。薬効はあっも身体のほうが持ちません。

これからの時代はネットの時代で世界が大きく変わってきています。ただの広告で何も考えずに生きてきた私たちが、情報の真贋を自分で集められる時代となりました。

次は情報の選択の時代が来ています。知るということにおいて無限に謙虚であった偉大なるソクラテスを私はかなり人生の師として尊敬しています。

「無知の知」を訴えて死んでいったソクラテスが当時戦ったように、間違った情報を検証もせずに流している無責任な情報発信者にはソクラテスのつめの垢のレメディーがあれば是非服用していただきたいと考えちゃいます。では皆様お元気でいてください。

 

ソクラテスの最期が描かれている「ソクラテスの死」ジャック=ルイ・ダヴィッド作(1787)

2012年01月11日

新年あけましておめでとうございます。

もうすっかりお正月気分は終わっている頃だと思いますが、私は1月4日に引越しをしたため

にお正月はありませんでした。家族も大変でした。筋肉痛ですが、しばらくしたら、筋肉に変

わってくれるものと信じています。昨年は大変な年でしたが、終わりよければすべて良しとい

うことで、今年は心機一転頑張りたいと思います。

横浜山下町という、絶好のロケーションが近隣に点在しています。まだ余裕はありませんが、

散歩の楽しみが待っています。

私は金沢八景で母のお腹に入りましたので、鮭が生まれ故郷に帰った気分も若干あります。

ビルのオーナーがインドの方で、ホメオパシーならばと快諾してくださったご縁でお借りする

ことが出来た物件です。

なかなか住まいと事務所とペット可の物件が見つからなかったので、本当に感謝です。

インドではイギリス統治時代にホメオパシー療法が入り、建国の父・ガンジーが当時の

貧しいインドに適した医療として推奨しました。それ以来、しっかり根付き、すでに祖父時

代から3代目や4代目のホメオパスもいらっしゃいます。

国立のホメオパシー大学も幾つかあり、日本とは大違いです。今回はそんなご縁で良い

物件に入ることが出来ました。

また今年は辰年です。龍を飾った中華街の門まで2分とかからず、発展の年として行き

たいと思います。やっと準備が整いましたので、今年は通勤時間や家事の時間の合理化

が出来ますので、その分さらにホメオパシー道を極めていけますよう努力精進してゆきた

いと思います。

そして皆様のお役に立てる一年を目標に頑張ります。

相談会の機会には是非、お近くを散策していってください。

皆様の素晴らしい一年をお祈り申し上げます。

 

2011年12月24日

Mery X'mas!

本日のクリスマスイブは皆様いかがお過ごしでしょうか?

先程アップしましたお知らせにもお伝えいたしましたが、ご縁を戴き、今年日吉に開所いたしましたセン

ターに多くの方がお見えになっていただき、ありがとうございました。

2011年は開所早々に大地震が起き、個人的にも大変充実していく中で、いろいろな経験もあり、本当

に忘れられない年となりました。皆様におかれても大変な一年ではなかったでしょうか?それでも元気

で年末を迎えられている今日、この日をにわかクリスチャンになってでも神に感謝を捧げたいものです。

来年こそは人類が平和でありますようにと祈らずにはいられませんね。

さて、先程の知らせですが、来年にセンターを日吉から横浜山下町に移転いたします。

元町・中華街駅徒歩二分の場所で、山下公園や中華街が徒歩圏となります。センターも少し広くなりま

す。遠くなる方、近くになる方、相談会に来られている方には両方の方がいらっしゃいますが、是非、

相談会の後、横浜の名所でゆっくりしていってください。ホームページも変更となりますので、2012年に

向けてこちらのアドレスから変更になります。

またお知らせ致しますので、宜しくお願いします。

センターの営業時間等も変更予定ですので、またご参考になってください。

それでは皆様、こころ休まるクリスマス・イブを過ごされますことをお祈りいたします。

 

 

2011年11月26日

前回に続いて、ストレスをためない考え方をお話したいと思います。

 
ストレスは心身の疲労から、体が酸性状態となり、筋肉などが強張り、血液循環の悪さとなって、うっ血状態を起こし、体調不良を起こすのですが、現代は精神的ストレスがかなり比重を占めています。
 
仕事や家庭での人間関係でストレスがたまって鬱状態になる人が増えています。
また日本は先進国では、かなり自殺者が多く、毎年3万人以上が亡くなっています。
3万人というと、地方のかなりの町の住民の数となります。
小学校からいじめも多く、どうしたものかと、憂えています。
 
では精神的なストレスに強くなるための考え方の大切な方法をお伝えしたいと思います。
苦悩を流す考え方として、他者から受けた言葉や態度を、どう受け止めるかによってかなりの違いが出てきます。
 
いつになっても、心に焼き付いて、頭から離れない。何年たっても悔しさ、つらさを忘れないタイプの人は病気になりやすいのです。
こういう方は、岩に思いを刻む人といえるでしょう。
 
またしばらくの間は、その思いで自分が縛られ、自由にコントロール出来ない状態の人は
思いを砂に刻む人と言えます。それでも岩よりはましですね。
 
流れる思考について一番健康な人は、水に思いを刻む人です。すぐ崩れ流れていってしまいます。
相手は自分と同じ人ではありませんので、自分と同じように刻むことはしません。
一人芝居で苦しむことは損なことです。
 
自由に心をコントロールするには問題にぶつかった時に意識して、水に刻もうと努力していくことで実力が付いて行きます。
 
何を隠そう、私自身も出来たかなと思ったら新しい問題で、さらにレベルが難しいものと出会うことがあります。砂から水へと、新しい事象には努力しているのです。お互い頑張りましょう。
 
私のお気に入りの歌手 JASON MRAZ のI’m Yours. の歌詞の中には 
 
さあ心を開いて僕と同じように見てごらん。束縛を解いてほら自由になっただろ。
心の中を覗き込んだらみつかるはずさ  空は君のもの  
とあります。素敵な元気が出る歌ですよ。
 
You Tube にもあります。聞いてみてください。
 
 
 
また彼はRemedy という曲も作っています。
I won't worry my life away.
I won't worry my life away.
I won't and I won't and I won't etc.

僕は、人生をあきらめたりしないよ
僕は、人生を投げ出したりしないよ
絶対に、そう、絶対に、、
 
歌でレメディー(薬)を届けている歌手ですね。
 
2011年11月21日

前回の好転反応に引き続いて、健康とは何かという根本の定義の話を述べたいと思います。

QX測定機械の開発者ビル・ネルソン氏の言葉を借りますと

「健康とは流れ易さを意味する。ということです。健康とは身体への流入及び流出である。栄養、空気、水、ミネラル、アミノ酸、脂肪、炭水化物、思考、アイデア、友情、愛、尊敬、精神的刺激、霊的刺激、その他の多くの栄養素を取り入れる。

そして解毒、排尿、排気、排便、分泌、発汗、月経、悪寒、固着、中毒、強要、怯え、熱狂、強制、霊的な疑心、と多くの排出

生命は、摂取、噛み砕き、吸収または排出、消化、毒素の生成、解毒のサイクルの繰り返しである。これは生存する為に必要な事であり、さらに、生殖の必要、性的な必要性がある。これらの全ては、エネルギーの流入と流出の非常な複雑な流れのサイクルとなる。

人間のレベルは身体、精神、霊、社会、環境により決定する。これを分離して考慮したり、どこから開始しどこで終了するかを知ることは不可能である。これらの要素は個別に減少させたり分析したりすることは不可能である。

これらのレベルで物事が容易に流れている時が健康である。健康とはゆえに流れ易さのことである。」

難しいようで、シンプルなことではないでしょうか。何も変化がない、特別変わったことが無いので健康であると錯覚しがちですが、何も無いようででいて、流れやすい状態を維持しているのか、流れを止めてかたくなにしているのかは本人がなんとなく感じ取れるものでしょう。

食事と水分、塩などのミネラルは生きていくうえで必須ですが、より流れやすいものを選び、自分の傾向を知り、感情も思考も流れやすくすることが重要だということだと思います。心身は一体です。人生は流れる川のようにと美空ひばりさんの有名な歌にもありますが、さらさらと流していけることが健康にはとっても大切だということですね。

一段と寒くなりました、すべてが内にこもりやすい日々となりますので、流れやすさに気をつけて、お互い元気でいましょう。

2011年11月03日

寒くなりました。皆様お元気ですか?

今日は好転反応について書きたいと思います。クライアントさんの中で、最近激しい好転反応で大変だった方が数名続きました。

以前も赤ちゃんのクライアントさんが大変な湿疹でお母さまが家族の反対で途中でいったんホメオパシーを中断することもありました。

私自身がホメオパシーを真から信じれる確信に至ったのは実は自分自身に起こった好転反応の体験があったからです。

ホメオパシーの学校に通い始めて、イロイロなレメディー(砂糖玉)を試していたのですが、これといった反応はなく、本当にホメオパシーのレメディーは効くのかなと2年ほど思っていました。学友の好転反応を見聞きしても、自分に起きなければなかなか確信できないものです。

家族では夫が花粉症でしたので、裏覚えの状況で試した1粒が、夜眠れないくらいのくしゃみ咳、涙の症状がでて、いい加減にしてくれと怒られたのが懐かしい体験となってます。私自身は目の疲れにRutaや疲労感にPhosを使用した時、軽減した実感があったくらいです。

劇的な体験は3年生の冬、進級試験を控えた1ヶ月前に、好転反応が出やすいSulphとPsoraの組み合わせを何も考えずにどうせ出ないだろうと試してしまったところ、顔の痒みと生え際の腫れ、皮のごわごわで別人のようになってしまい、化粧でカバーできないほどの好転反応がでてしまいました。痒みにきくものなどあらゆるものを試しましたが、だめでした。約3週間たち、諦め気分でなぜ、このレメディーに反応したかを考えてみましたら、ふと頭に思い浮かんだのが、Sulphである硫黄を含んだものを顔に塗ったことを思い出しました。春に頬だけにはたけと呼ばれるかさかさが子供の頃に毎年あり、皮膚科の薬を塗ったこと。それ以上に30代から40代に使った基礎化粧品が、何を隠そう硫黄成分たっぷりの温泉成分から出来ているものでした。これだと自覚しました。

もう排出の蓋は開かれたので、じたばたしても仕方がないと思い、改めてSulphの慢性治療のポーテンシー(希釈度)のレメディーを水ポーテンシー(水に溶かして取る方法)で取り始めて3日目で、みるみる症状が引けて行き、復活した肌は赤ちゃんの肌のように柔らかくすべすべとなりました。そのときの感動といったら・・・。ハーネマンの偉大さとホメオパシーのすごさを心から確信したのです。

まず薬害を排出しなくては、本当の自分の弱い傾向性や遺伝性の症状がでて来ないと学んでいましたので、その後の約1ヶ月続いた咳の始まりにいよいよ2段階に進んだ私の抑圧との反応が精神的には本当に前向きなものとなりました。夜眠れない咳の日々で、咳をしすぎて腹筋や胸筋が痛んでも何か不思議な期待を持ったものです。赤ちゃんのとき、肺炎になり、子供の頃から風邪引きがしょっちゅうでしたので、風邪薬も半端でなく取っていたので、その体質を排出しているんだと思いました。その間、眠れなくても頭は反ってすっきりして、眠れないならと読書に集中できました。

長くなりますが、好転反応を苦しまず、「症状はありがたい」とホメオパシーの世界の常識に自覚していただくことがホメオパシー療法を選択した方の一歩です。

苦しすぎる時に精神的にまで参ってしまう時は、お医者さんに通って、軽い薬を取ることまで止めなさいとは言いません。排出の時のエネルギーは自分には余りある場合は、急性の苦しみを抑えるアロパシー(西洋医学)の処方をホメオパシーは否定していません。その後でまた対処してゆけば良いのですから。

つい最近咳で苦しんだクライアントさんも、これだけの好転反応が出たことがすごい療法だと、あらためて信頼を寄せていただきました。喘息でコーチゾンをたっぷり取ってこられた方だけに、これからの体調がますます快調になってゆくことを信じております。

なかなか症状の出せない方は、より深い精神のレベルまで抑圧してしまった可能性がありますので、まずは心の縛りを解くレメディーを取ることもお勧めいたします。

皆様お元気でいてください。

2011年10月24日

10月8日から3日間、つくば国際会議場で開催されました、2011年JPHMAホメオパシー国際チャリティーカンファレンスが無事終了致しました。

センター横浜日吉のクライアント様も数名参加されました。お疲れ様でした。

難しい内容も多々あったようですが、ホメオパシーの奥深さに、ホメオパシーをさらに学びたいと話されていました。

研究の発表も素晴らしかったですが、3.11の被災者のホメオパスや学生の皆様の涙と感謝と決意の発表が本当に心に残りました。

今年は本当に忘れることの出来ない事象が小事においても大事においても、あった年となりました。

コングレスに参加されました世界の国々からの著名なホメオパスや医師の方々のコメントを紹介いたします。

日本ホメオパシー医学協会のホームページより転載しました。

http://jphma.org/congress2011/20111008.html

 

カトリーナ・ルンド氏(ノルウェーのホメオパス)

日本がこういった大変な時に、来られて良かった。

由井寅子会長

泣いているだけでは何も変わらない。大変な苦難があっても、負けずに乗り越える気持ちが大切。

ルディー・バースパー氏

恐怖を乗り越えることが大切。恐怖は、免疫システムを抑圧してしまう。乗り越えることによって、大きな力を得ることができる。ホメオパシーを利用して、乗り越えていきましょう。

ジョージ・ディミトリアディス氏

被災したJPHMA会員の前向きな言葉に感動した。日本人と日本の文化に敬意を持っている。だからこそ、日本人にプライドを取り戻してほしい。

トレバー・ガン氏

私、個人の体験から。近しい人の死など、人生のいろいろなショックで、気持ちが落ち込むことがある。一歩一歩乗り越えることで、いつしかそれが積み重なっていくもの。皆さんが困難を乗り越え、より強くなることを願っている。

プラサンタ・バナジー氏

日本に対して素晴らしい印象を持っている。由井会長が人々を癒すためにホメオパシーを多くの人に広めたことを実感した。インドで1934年の大地震が遭ったとき、父が患者にCoff.200Cを与えて、人々の気持ちを癒した経験がある。何かあれば、日本のためにいつでもお手伝いしたい。

プラティップ・バナジー氏

何を言っていいのかわかりませんが、皆さんは家族だと思う。由井会長が母親で、会員の皆さんが子供たち。これこそホメオパシーの精神だと思う。一つになっている皆さんだからこそ、困難を乗り越えられると思う。

エワルト・ストットラー氏

福島の映像に世界中がショックを受けた。日本政府が原発を廃止することを強く希望する。また、ホメオパシーのレメディーによって、放射線の害に対する対策が必ずできると思う。私自身も、今後、これらの問題を解決するために支援していきたい。

ケイト・バーチ氏

由井会長に初めて会った時、強いライフフォースに満ちている人だと感じた。世界は日本に注目している。技術や経済的発展を追い求めるだけではなく、地球にとって良いことは何か、考えなければならないときにきていると思う。

酒向猛氏

20世紀は、化学薬品に溢れた世紀だったと思う。21世紀はホメオパシーの発展を願う。

多くの学ぶべき発表をさらに研鑚して、今後のセンターの相談会においてお役にたたせて戴きたいと思います。

2011年09月23日

お久しぶりです。1か月以上、アップしておりませんでした。日々訪問して下っている皆さまに、ご心配かけたままで申し訳ありませんでした。

皆さまはお変わりありませんでしたか?実は怪我をしてしまい、養生をしながら、日々を送っておりました。

体調を崩して、センターに来られる方々の辛さ、大変さを身をもって体験して、無駄な日々だけではなかったと思っています。

たくさんのレメディー・チンくチャーを取って、回復は早いですので、ご心配しないで下しね。

さて、いよいよホメオパシー国際チャリティーコングレスが10月8日から3日間、つくば国際会議場で開催されます。

今回は、大変著名で、ホメオパシー界でも天才レベルの方が世界から来られます。一般の方にとってはなかなか直接講義を聴くチャンスのない先生方です。

時間のある方は是非参加されることをお勧め致したいと思います。会場がつくばで遠いのですが、こんな機会でもないと、つくばエクスプレスに乗ることもないと思います。

日本の先端産業の研究都市のつくばは、日本のシリコンバレーになる街かも知れません。会議場もそうした研究の会議のために作られている大変立派な会場です。

眼から鱗の発表が目白押しで、入場料にたがわぬ知識吸収の一日となります。どうぞ多くの方のお越しを願っています。

完全予約制ですので、ご希望者は日本ホメオパシー医学協会の下記アドレスからお申込み下さい。

http://www.jphma.org/congress2011/pdf.html

今日はHP再会のご挨拶を兼ねて、お知らせとさせていただきます。

早くも鈴虫がマンションの下の公園から聞こえています。暑い夏を十分味わえない、初めての年でした。

地震、津波、台風で大変な今年の日本、個人的にも忘れない年になりました。

頑張ろう日本!!を心から叫んで、私も頑張ります。

2011年08月13日

こんにちわ。やっと本日から休日になりました。

皆さまにおかれましても、お盆を実家で過ごされたり、小旅行に行かれたりで日本中が大移動の季節ですね。

毎日、暑い暑いと言葉に出すとさらに暑くなってしまいますが、我が家のペットのハムスターのジン君も帰宅すると砂場で腹ばいで動かない状態で、死んだのと思っちゃうくらい、小さいながらも毛皮族で暑さに参っております。今日からクーラーを入れる人がいるので、少し元気になってくれそうです。これから数日、山の中に主人と逃げますので、ジン君もお籠のまま移動予定です。

さて、先週はかなり、手足口病やとびひなどの相談が続きました。今、大変流行しています。中国では発生件数が1万件を超える大流行の状態です。厚生労働省の定義では、手足口病は主に手足、口の中、唇に小水庖を生じる伝染病です。子供だけでなく、大人もかかりますので、家族内で感染しないように、手洗いに気をつけたり、体力をつけ、給水を十分取ることが大事です。

ホメオパシー的には淋病マヤズムが立ち上がった状況の急性マヤズム病といえます。専門の話になってしまいますが、淋病マヤズムは過剰反応、過剰生産の状態である病気の症状に合致するものです。遺伝的傾向やこれまでの薬や感情の抑圧などが原因となることも多々あります。体に皮膚発疹をたくさん出す状態や、頭痛や痛みで痛くてたまらない状態の時です。

急性病、慢性病ともにあるものです。今回の手足口病もそうした症状ですので、ホメオパシーでは、Thuya スーヤというレメディーが基本で使われます。ニオイシバというヒノキの一種で、高く成長しないヒノキです。高くならない分、小さな丸い実のようなものを葉の先に一杯付けます。ホメオパシーの祖、ハーネマンが人体での実証研究で、このスーヤを取った健康な人に水庖がたくさんできたので、水庖を作る症状の排出に大変効果があるレメディーです。水虫などにも効きますし、天然痘やはしかなどの抗予防接種レメディーとしても代表選手です。是非、ひとつ用意しておくと役に立つレメディーです。他にもラストックス、シーピアなども手足口病には効果があります。

また一番旅行先や外出先に持って行く、お勧めはAips.エイピスというミツバチのレメディーです。蚊や蜂、毒虫、毒蛇にも効果があり、プっクリ腫れて痒くて我慢できないときに、一粒取ってください。私は口で取るだけでなく、ほんの少しの水に溶かして患部にカット綿やティッシュで塗ったりします。本当に即効力があり、ホメオパシーのすごさに目覚めるレメディーでもあります。

後は怪我や打撲、骨折にArn.アーニカは是非日常的に準備してほしいレメディーです。

それでは皆さま、お元気な休日をお過ごしください。参考にThuyaスーヤの写真をアップしておきます。

2011年07月26日

今月23日に、中国浙江省温州市で起こった中国高速鉄道のTV放映を見て、本当に驚くと共に、憤りを多くの人々は感じたのではないでしょうか?事故車の先頭車両を地中にいきなり埋めた後、証拠隠滅とこれまでにない国民の批判がネット上で爆発してしまい、官製報道で一貫していた情報管理が今回ばかりは、効かない状況となっています。その結果、今日になって埋めた先頭車両を地中から掘り出しましたが、しっかりカバーで包囲していました。

死傷者の数も不明確との事ですが、現代の中国においては人間一人の命の価値観が、この日本の感覚とはまったく違うのだと感じました。唯物論の思想の根本的間違いを見るようです。古の中国の悠久の歴史の中で憧れる隋や唐時代、文化の花開いた宋時代、またさらに仏教遺跡などを残したさらに古い魏などと、同じ国とはまったく思えないものになってしまったかのようです。

同じ食べ物を食べ、同じ言葉を話しても、住む社会の体制や思想が違うと、人間はいくらでも変わる事が出来るということですね。ベトナムや北朝鮮なども同じ事を感じます。一人ひとりの人間と話せば、世界中の人々は、どこの国に住んでも、日々生老病死を苦しみ、その合間にある人生の煌きに笑顔をもって、楽しい思い出を作って生きているのが普遍的な姿でしょう。住んでいる風土に合わせた、より快適な人生を求めて、日夜精一杯生きているのです。

いかに思想というものが人間の環境を変えていく力をもつものか、多くの国を注意してみて実感します。国単位でもそうですが人間単位でも同じです。自分の考え方、ものの見方が、幸福を生むものであるのか、とても重要なのではないでしょうか?人まかせ、国まかせでなく、自分の人生を歩まなくては、自由な日本もいつの間にか不自由な国になってしまいそうです。

私の学生時代は、反体制運動に専念していた菅総理大臣の学生時代の市民運動も下火になって、三無主義、四無主義などが主流で、理想などないという世界に向かい始め、個人重視の世界観へと大きく変化していく始まりでありました。

今日は堅い話になってしまいましたが、紆余曲折して生きてきた半生ではありますが、今現在に至り、自分らしくありながら、焦りや怒りに縛られること無く、世捨て人になることもなく、人生に死ぬまでチャレンジしたいと思えるに至ったのは、心身が健康な状況になったのだと思うのです。多くの良き導きに、心から感謝申し上げます。

憧れの中国北魏の仏教遺跡・敦煌莫高窟にいつの日か尋ねて、悠久の中で、人々が求めていた平安というものが現在も同じだということを実感したいものです。どうか、これからも大きな人災や天災が、各地で起きないよう祈りながら、平安を象徴する仏の姿を瞑目して、静かな夜を送りたいと思う夕べであります。いろいろな事がありますが、世界の平和と日本の震災の一日も早い復興を願っています。個人的原因や社会的原因で心身のバランスを崩されている方は、是非ホメオパシーのレメディーで本来の自分に早く気づいて、安らぎ、元気になってください。

2011年07月14日

皆さん、毎日本当に暑いですね。

皆様、毎日お暑い中、お元気でお過ごしですか?

体調はいかがですか?

この時期は、皮膚の湿疹や水虫などで悩む方も増えますが、

ホメオパシー的にはこの夏は、体調を好転させる時期でもあるのです。

ホメオパシーは発疹は体毒を排出する良い機会と捉えます。

夏は、体温があがり、自然治癒力が活性化します。体温が低い冬に比べ、体外に排出する力が強くなります。ですから、肌を出す時ですが悩まないで、良い機会だと、是非今年は思ってください。発疹などを抑える処方をすると、秋以降にだるい日々が待っています。

特にこんなに暑く、節電の負担も多いときは、プラス思考が大切ですね。

秋以降に、萎縮していく気持ちと身体に疲れが出てきますので、夏を快適にストレスをどれだけ開放するかに意識的に努力してみてください。

長期の夏休みを取れる方は、是非リラックスする企画も積極的に取ってくださいね。

自分の身体は自分が一番良く知っているのです。自然の声に耳を傾ける季節です。海や山に行くのも良いですね。

今日は私も手短にまとめました。

それでは、皆さん、お元気でいてください。

 

2011年06月30日
6月最終日となりました。
毎日暑い日が続きましたが夕方の激しい雨はすごかったですね。
 
また今日は、長野にも強い地震があり、実家に電話をすると長野中信(長野県は広いので、北信・中信・南信と信濃を分けてよく地元は使う)がひどく、南信は3強だったとのこと。昔からホッサマグナという新潟県糸魚川から天竜川、そして静岡までの日本横断の巨大活断層があり、危ない地域ですので、心配であります。
 
さてJINについてというと皆様何を思いますか?お酒の名前ではありませんよ。
最近高視聴率を上げたテレビドラマのJINにかぶって、考えました。残念ながら、続編は最初から見ることができなかったため、ほとんど見ずじまいでした。前年のNHK大河ドラマ、坂本龍馬にははまっていましたが、JINの高視聴率のコメントではこちらの龍馬も最高に良かったとあり、再放送の機会には必ず見たいと思いました。
 
JINの主人公の医師が仁をもった人間として、素晴らしい人間ドラマを演じたということは理解できました。良い作品を作れば視聴率を上げるという良い結果を、TV各局に提示したのは良かったと思います。
 
仁とは孔子様が、2500年も前からもっとも大切な人間性として説いているものです。『論語』は孔子様とその弟子たちの言行録で、世の中が乱れてくるともてはやされる古典です。ですので、現在は書店でもずらりと『論語』が並んでいる状況です。孔子様の生きた時代が中国古代の戦国時代であり、各地の諸王が覇を競っている時代でした。弟子たちに君子の道を教え、優秀な弟子を各国の高官に派遣しました。孔子様自身は最後まで誰にも仕えることなく貧しい教育者の道を歩んでお亡くなりになりました。孔子様を雇える程の君子がいなかったのでしょうね。
 
私もJINのヒットで久々に『論語』の本を購入しました。「超訳 論語」-自分を磨く200の言葉 PHP文庫 岬龍一郎編 です。大変読みやすく、エッセンスだけ抜き出していますので、ベッドの脇に置いて、夜と朝に今日の言葉として読むのに良かったです。
 
その中で孔子様が最も大切とした仁についていくつか紹介します。
 
仁の徳は死ぬまで背負うもの
道を志す者は心が広くて意思が強くなければならない。またその責任は重く、進むべき道は遠い。なぜなら、道を志す者が求める
仁の徳は深遠で、死ぬまで背負っていかなければならないからだ。
 
まず志を固める
人格者になろうとするときは、まず道を志すことが第一で、そうだとすれば正しい方向へ向かうようになる。ついで徳を養えば道を見失うことがなく、仁(優しさ)に従えば徳を常に働かせることができて、他のものに惑わされることもなくなる。こうした日常の務めを果たした後、教養を磨くことだ。
 
仁を行う方法
我が家をでて他人に接するときは客人をもてなすように敬い、人を使う場合は重要な祭りを行うように慎む。自分が人からされたくないことは人にもするな。自分の行いを謹み、他人を思いやれば、世間からも家族からも怨まれることはない
 
いかがでしょうか?昔の人はこういうことを教えてくれる方が多く、教育者にも多かったように思います。乱世のような現代にもう一度、背骨の通った生き方をしたいものではないですか?知識は最後だという孔子様の言葉に従い、仁の徳を目指しセンターを運営していきたいと思います。暑い夏に負けないためにも、心を熱くすることです。そうすれば外は涼しくなりますと自分に言い聞かせ、7月を迎えます。ご指導宜しくお願いします。
 


 
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス