日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)認定ホメオパス
ホームセンター長日記
センター長日記
センター長日記:62
2017年03月02日

生きてますかと言われそうな久々のアップです。

昨年農家の方から250坪ほど畑を借り入れ、家庭菜園レベルを超えて頑張りました。

と言っても、主人が90%やってますが。笑

 

完全無農薬・無化学肥料での6月からの挑戦でしたが、9月からはビギナーチャンスというような

出来栄えで、友人・親族口をそろえて、美味しい,こんな野菜売ってないと言ってくださったことが

ド素人を本気にしてくれました。

 

ぬかや籾殻、ワラや堆肥で土壌を変え、冬野菜は手前味噌ですが、白菜、キャベツ、ブロッコリーなど

あまりの健康で美味しい野菜に、この地に来た喜びを実感しました。

 

昨年試験的に販売しました、10名ほどの知人やクライアントさんからも大好評で、今年頑張って沢山

作付けしますので、ホームページにて販売できたらと考えています。

その他、どうぞよろしくお願いします。

私は相変わらず、横浜出張もしておりますが、こちらの環境にどっぷりつかり、すでに田舎人になりました。

2016年08月19日

ご無沙汰いたしておりまして申し訳ありません。

いつものことですが、ますますパソコンに遠ざかってしまってます。

スマホですべて処理できる時代で、なかなか筆不精のままです。

クライアント様から熱中症のレメディーお問合い合わせがありましたので、

至急アップいたします。

2012年の夏にも載せました。

皆様お元気でお過ごしください。

伊豆の生活は本当に快適です。

また、ご連絡致します。

 

今日は夏バテを乗りきるレメディーをご紹介致します。
 

(消化器の不調には) 
フェーラム・フォス FERR PHOS
マグ・フォス MAG PHOSぱそ
ナトリューム・フォス NAT PHOS
ナトリューム ソーファー NAT SULPH

(日焼け、日射病対策には)
フェーラム・フォス FERR PHOS
ケーライ.フォス KALI PHOS
ネイチュミュア NAT MUR
 

(体力消耗 疲労には)
カルク・フォス CALC PHOS
フェーラム・フォス FERR PHOS
ケーライ.フォス KALI PHOS

などのミネラルのレメディーが有効です。
 

ただ気をつけていただきたい点として
「ビタミンやミネラルをたっぷり摂取すればとにかく健康によいと考えがちですが、
実はビタミンやミネラルを摂るだけでは、健康にはなれません。
ビタミン・ミネラルの役目はというと、その酵素が働きやすいように手助けしている物質で、主役をサポートする意味で「補酵素」といわれます。
 

つまり、酵素の中には、それだけで本来の機能を果たせない酵素があり、そのときに登場するのが補酵素というわけです。
ビタミンやミネラルは、酵素の活動を補助する「補酵素=コエンザイム(Co Enzyme)」と呼ばれます。
 

英語で、酵素のことを「enzyme」といい、これを補うという意味の「Co」がついて、 補酵素=coenzyme となります。
ですから、酵素が不足した状能でビタミンやミネラルを過剰摂取しても、決して健康にはなれないのです。
なぜなら、食べた物を消化し、代謝し、血液や細胞をつくり、呼吸し、心臓を絶え間なく動かしているのが酵素だからです。
 

現代栄養学では、人間に必要な「五大栄養素」として、炭水化物、タンパク質、脂肪、ビタミン、ミネラルの五つを重視しています。
最近ではこれに「食物繊維」が第六の栄養素として加わり、さらに抗酸化栄養素の「ファイトケミカル」も注目を集めています。
現代栄養学の視点から言えば、私たちは毎日の食事で、これらの栄養素をバランスよく食べていれば、健康を維持できると考えられています。」
 

私は今年の夏は紫蘇ジュースや梅ジュースなどと塩麹の新鮮野菜の漬物で、元気ですごしております。

 

 

2016年02月09日

 前回の日記に今年一年が騒がしい歳だと書きましたが、

さらに地震、噴火まで起きたり、清原選手の逮捕など、新聞ニュースを見るのも、すでに辟易してます。

その中で、冬のスポーツのジャンプやノルディックなどが大活躍してますね。

久々に明るいニュースが続きました。特に高梨沙良選手の活躍は眼を見張ります。今季10連勝です。

海外の大きな選手に比べて、目立って小さい背丈の高梨選手が表彰台の真ん中で堂々と笑顔で一杯です。

優勝を期待された前回のオリンピックで実力を出せずに、気の毒でしたが、彼女の精神はタフですね。

二度と同じことはしないでしょうし、それどころか、歴史に名を遺す実績を間違いなく作っている最中です。

「連勝を大台に乗せた沙羅は、もう一つの偉大な記録を視界に捉えた。通算勝利数を男子歴代2位のニッカネンの46勝へあと5に迫る41まで伸ばした。自身が生まれる前に活躍していた名選手に近づき「そんな偉大な人と並べるチャンスがあるのは、自分のモチベーションになる」と鳥人超えへ気持ちを高ぶらせた」 と記事がありました。

かなりの練習を積み上げていたのでしょうね。小さい体の中にどれほどのパワーと意志力がみなぎっているのか、

ホメオパスとしては、幼少時期からの生活や食生活、病歴など聞きたいと思わずにはいられませんが。

ご両親がコンビニで忙しい中の練習と聞きましたが、本当に素晴らしい快挙です。

やっとスカッとしました。

立派な若者もたくさんいて、未来は明るいと思いたいです。

オリンピックといえば、開催地の南米でジカ熱のウイルスが話題になっていますが、

対策として媒介する蚊の不妊化を放射線でするらしい。

IAEAは「放射線による不妊化は、人間に安全で環境に対策として優しい技術だ」と説明している。

この技術が進歩し、人間に向かったらどうなるのかなと考えてしまいました。

 

2016年01月21日

 寒中お見舞い申し上げます。

遅ればせながらあけましておめでとうございます。

都心では大雪の被害が大変でしたね。友人が普段5分で行ける駅が1時間以上かかったとRINEにありました。

 

2016年も幕を開けて、1月から様々な事件が各界で起きてますね。

丙申は60年に一度しかありませんが、革命の年とも言われてます。

中国では、歴史上有名な反乱が起きたようですし。最近も台湾総統が中国寄りの馬氏から民進党の蔡英文女子に変わりました。

 

十干(じっかん)の中の「(ひのえ)」は、かまどの火が燃えるさまや太陽の熱さを表すと言われています。

そこから「盛ん」「明らか」「強い」の意味が出てきます。そこでの年は、「それまであいまいだった物事がはっきりと顕れてくる」という年になるということです。
 
十二支の中の「(さる)」は、真っ直ぐと伸びていくことを表しているそうです。そこから「天に通じる」という意味も出てきます。

「あいまいだった物事がはっきりし、天に通じる」というところから、「」は「天帝が革命を命じる年」ということになったのだといわれてます。

 

1月開けてから、株の暴落、原油価格の暴落、サウジとイランの国交断絶、北朝鮮の水爆実験、ベッキーにSMAP、バス事故、etc。

とても1か月半ばで、ニュースの種が尽きない日々でした。

インフルエンザの流行も報道されてますが、ワクチン問題もあり、今後も色々ありそうですね。

 

実は私はこの3月で還暦をいよいよ迎えます。丙申生まれでして、燃える年にしますよ。

函南と熱海の生活に慣れ、余力が出始めたので、今年は新たなチャレンジをします。ご期待ください。

 

 

2015年06月30日

伊豆地方は大変土壌がよいとのことで、私の自宅近辺は大変豊かな緑です。

6月は桑の実を拾い、桑の実ジャムを作りました。

桑の葉の若葉での天ぷらも美味しく、お隣の方からは自由に取ってよいとのことで山椒の実を採り、

茹でて冷凍しました。初めての経験が多く、横浜と熱海の仕事の合間の息抜きには最高です。

マザーチンクチャーも手作り出来るものは、作ることにしました。

庭に植えたエキネシアがきれいな赤い花を咲かせ、ハイペリカムのオトギリソウも黄色い花をつけました。

薬草も花を咲かすときが一番採取時であります。エネルギーに満ちている時なんですね。

人生も花の時期、実の時期、枯れる時期がありますが、どちらにしても自然に受け入れて、日々を自分らしく生きてゆきたいものですね。

箱根の地震も今朝は何回もあり、気になるところですが、庭から見える富士山に、平穏を祈るばかりです。

2015年06月14日



5月から函南の自宅から通えます熱海に事務所を移しました。

初めて別居した主人は家事が出来るようになり、ペットのカイは母の愛をたっぷり

受け、良い子になりました。

私は自然のすばらしい環境で植物たちと日々接触して自分で手作りの

野菜や薬草を植え始めました。やることは限りなくたくさんあります。

自宅は山の中、事務所は海が目の前に広がり、来られましたクライアントさんに

マンション付属の温泉大浴場に入っていただけることも出来、大変喜ばれております。

是非、遠方になりましたが、癒しの一日を取って、空気の美味しい静岡においでください。

最高のリフレッシュになりますよ。

レンタル事務所がこれまででしたが、熱海からは移転予定がありませんのでご安心ください。

また横浜の出張所は大変すばらしいレンタルルームで、これからも定期的な出張場所となりますので、

予約日が限られますが、宜しくお願い致します。

それでは移転のご挨拶となりました。

早く梅雨が明けて出やすくなると良いですね。

2015年01月12日

2014 横浜と函南の風景から

昨年はご無沙汰しまくりでした。

2014年は横浜と静岡函南を往復しながら、全く違う生活を送ることができました。

 

石川町駅1分のビルの一室での健康相談と山の中の鳥の声で朝から起こされる大自然の中での健康相談。

 

電車で函南に向かうときは感じていない疲れが帰宅後一日目は必ず深い睡眠で朝寝坊してしまうので、やはり都会生活はストレスが知らないうちに溜まっていると気づきます。

 

さぞや現役でバリバリ働いている方や毎日子育てに追われているお母様たちは疲労がたまっているのだと思います

 

是非、疲れが溜まりすぎていて、気づくことさえできない場合は、近くの公園や池などの自然の豊かな場所の思いきって行ってみてください。

 

自然の持つエネルギーから癒され、復活できますよ。今年の干支は羊さん。穏やかに笑みを浮かべているイメージですが、ここ数年の以上天気や、転変地異、難病、奇病の発生。ウィルス性病気の広がり。気の置けない日々であります。

 

ホメオパシーは健康の予防としては大変効果があります。病弱で必ず風邪を年中ひいていた私が、歯医者さん以外は8年間も病院に行っていないのが証明です。好転反応も出しましたが、来年はいよいよ還暦。

自分でも信じられない、年齢以上の若さを保っていると自他が認めてくださってます。ただ増えてきた顔の皺や弱くなった視力も生活にもっと運動を取り入れて回復したいものとは反省しています。

 

昨年は2つのセンターにおいでくださいました、多くのクライアント様からたくさんの勉強をいただきました。

年初として感謝のご挨拶を申し上げます。

毎年反省しているのですが、HPの更新をもっとまじめにやりたいと思います。が・・・・さてさて?

 

2014年05月14日
今年は記事のアップに手を抜いています。ごめんなさい。

実は、横浜元町センター以外に静岡函南にある別荘地に新たなセンターを開きました。

山の中にある大きな別荘地の中で、ナビでも完璧には到着しません。

昨年犬を飼いましたので、犬にとっては最高な環境です。

横浜と函南までは2時間でさらに30分ほど車でかかりますが、 朝から一日中ウグイスが鳴き、

多くの鳥たちがさえずり 滞在中は犬と散歩しながら、自然の中で癒されてます。

夫が仕事から引退しましたので、第2の人生の準備も含めて 一度リセットも必要だと思ってます。

男性は仕事を辞めた時が女性よりかなりの環境激変をメンタル的にも 受けますので、

夫の様子をみると良い選択だったと思います。

別荘地は初代の方々が高齢となり、かなりの破格値で物件が出ています。

大きな決心でしたが、(友人によると私らしいようですが) 良かったです。

少し、リフォームしましたが吹き抜けがあるため、初冬はかなり寒くて ストーブがんがんつけました。

近所の永住者の方々もこんなに雪が 積もったのは初めてということでした。

 



昨年末に引っ越しを終え、伊豆の早咲きの桜を見終わると、

今は木々達の 新芽の成長で緑盛りの様子です。

横浜元町センターにお越しの方も是非、日帰り旅行のつもりで熱海から30分 の函南センターの方にもお越しください。

これからは落ち着きましたので、日記のアップを頑張ります。

2014年01月10日

2014年もスタートし、皆様新年を迎えていかがでしょうか。

アメリカは記録的な寒波が到来しているようですし、中国では鳥インフルエンザが発生して、

カナダでは初めて死者が出たそうです。ワクチン摂取がまた叫ばれそうですね。

昨年、子宮頸癌のワクチンについて、危険だと記事を書かせていただきました。

 

目新しいところでは、自宅に送られてきた「検査キッド」に、唾液を入れて返送する。

一カ月後、「あなたは、ガンの発症リスクが高い」といった結果が送られてくる――。

病気の危険性や才能などを、遺伝子の型や変異の有無で判定するビジネスが、国内でも増

えつつあるということを知りました。

 

経済産業省は、こうした「遺伝子検査ビジネス」に対する優良企業の認定制度をつくり始める。

認定は、「信頼性の高い論文を使っている」などの指針に基づき、第三者機関が行う予定。

知識のない消費者が、劣悪な検査や悪質業者を避けられるようにすることが主な狙いだ(8日付読売新聞)。

とありました。

 

遺伝子検査で「病気の予言」をされ、不要な治療を行うといった事態が起きる懸念です。

昨年、米国の女優アンジェリーナ・ジョリーさんが、遺伝子検査で乳がんのリスクが高いと判定され、

乳房を切断して議論を呼びました。

 

人の生死の原因は病気だけでは有りませんので、遺伝子操作で生きることも死ぬことも、可能であるという方向は、

無理があると思います。

宇宙の中の地球、そして地球だけが人類が生存するはずもないとい見方からすれば、遺伝子以前の問題が

あるのではと思います。

 

私は今年も、真に自由な物の見方、考え方をさらに研鑽してゆきたい所存です。

皆様にとっても、良き一年となられますよう、お祈り申し上げます。

 

お正月、義父母宅から帰京中の飛行機より、大好きな富士山が雲海から頭を見せてくれました。感動!

写真.JPG

 

 

2013年12月31日

今年一年は、皆様におかれましては、いかがしたでしょうか。

おかげさまで、当センターは今年も多くの新しいクライアント様達との出会いを頂きました。

世の中は相変わらず、日本でも世界でも、安心して暮らせる世の中にはなっていません。

それどころか、近隣の国との摩擦が増え、個人のみならず、国としてのアイデンティティーを

これまで以上に必要な時代を迎えているのだと思います。

 

こうした状況ですが、ホメオパシーの仕事をして良かったなーと思ったことの一つは、

今年のコングレスの来賓で発表されましたキューバーの官僚さんがホメオパシーでの予防医学

をキューバで確立していることを発表され、ホメオパシーは思想信条を超えて広がっおり、実際に

役立っているのを確信し、未来の希望の一つになるものと実感できたことです

 

西洋医学も、命を張って戦地や途上国で活躍する医師がたくさんいて、心から敬意をしておりますが、

薬品や、手術備品などの不足は限りなく続いているのが実態です。

近い将来にホメオパシーで予防医学を立ち上げ、西洋医学で緊急や重篤な患者さんを救っていく

協力体制が引かれたら、治療費も格安になり、その分栄養補強や教育に資金が回せて行くのにと

思います。

 

年の瀬に日本で平和に暮らせることを感謝致しますと共に、新年は世界の人々が少しでも明るい

未来が開けますことを心より祈念いたします。

皆様、良い年末年始をお送りください。

2013年11月22日

What's  New!! でもお知らせしておりますが、

今般突然ではございますが、12月より事務所の移転を致します。

相談会においでの時に皆様にはお知らせ致しておりましたが

今回はセンターを海側から山手側に移転することになりました。

海とみなとみらい地区の近代的景観から、歴史を感じる町並みや山手の緑の多い場所を

控えたJR石川町駅1分の便利なところに移りました。 

窓から見えるイタリア庭園の眺めが大変気に入ったお部屋です。 今後とも宜しくお願い致します。

 

2013年11月22日

2013年12月7日(土)、8日(日)の2日間、第14回JPHMAコングレスが開催されます。

 

今回のテーマは、昨年の「ホメオパシーはメタサイエンス」からさらに進んで、

「愛とサイエンスの融合ホメオパシー〜愛は無敵〜」です。

愛と科学性を兼ね備えたホメオパシー療法の可能性を追求するとともに、

日本や世界の抱える様々な問題を、既存の科学・学問体系にとらわれず、

もっと大きな普遍的な愛の視点から考える内容とのことです。

 

会 場はなんと 明治神宮

主催 日本ホメオパシー財団 日本ホメオパシー医学協会(JPHMA) 

講演内容や参加費はは下記ページをご参照ください。

http://jphma.org/congress2013/cat5/

今年の講演予定者は(敬称略)下記の方々です。

由井寅子 両日講演予定 (日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)会長)

グスタホ・ブラチョ博士 両日講演予定 (キューバ・フィンレイ研究所)

川田 薫 初日講演予定 (川田研究所代表 理学博士)

内海 聡 2日目講演予定 (内科医 Tokyo D.D.クリニック院長 NPO法人薬害研究センター代表)

藤岡信勝 2日目講演予定 (拓殖大学客員教授 新しい歴史教科書をつくる会理事)

高橋正好 2日目講演予定 (産業技術総合研究所環境管理技術研究部門研究主幹

 日本マイクロ・ナノバブル学会代表理事)

毎年かなり内容が深く、一日中メモ書きに終われます。

川田先生は昨年も講演されてとても勉強になり、また今年も発表されるので嬉しく思います。

2013年08月18日

毎日、暑さが大変厳しい中、皆様いかがお過ごしでしょうか。

日照り続きの街があれば、方や豪雨の街もあり、天災での被害が各地から伝わります。

政府の財政支出もかなりの額ではないかと思いますが、

そのことについてはあまりニュースとして伝わって来ません。

これで景気対策になっているのであれば、アベノミクスも、楽観できそうもないですね。

先日、長野の実家では諏訪湖の花火が豪雨で中止になりました。

ネットでニュースになっていましたので、翌日、母に電話をしましたら、これまで見たことのない豪雨で、

花火大会に出かけた大勢の人が緊急避難しその中に姪がいたそうで、遅くにやっと帰宅できたそうです。

大きな事故がなくて一安心でした。

 

さて今後も続きそうな猛暑ですので、熱中症対策のレメディーをお知らせしておきます。

 

Bell(ベラドーナ)…太陽の熱で悪化、高熱のNo.1  

Ant-c(アンチモンクルーダム)…太陽の熱に耐えられない  

Bry(ブライオニア)…水分不足、頭の割れる感覚

Glon(グロノイン)…太陽の熱で悪化、脈打つ感覚

Sol(ソル)…太陽の光で悪化   

Carb-v(カーボ べジ)・・・酸欠のレメディー。動物にもグッド。

ティッシュソルト・・・ミネラル補給

 

発汗と共にミネラルも不足しがちになります。夏に元気に咲くハーブティーを飲むのもお勧めいたします。

それでは皆様お元気でお過ごしください。

2013年06月25日

先日、TVで見た子宮頸がんワクチンによって足の震えが止まらず、学校にも行けなくなった少女の映像を見て

ワクチン推進の政府機関の擁護を進めていた、TV各局もさすがにこの事実で変化したと感じました。

何のためのワクチンなのか、真実を知らないと被害を被ることが多々あるワクチンは自身でしっかり学んで

自己責任で判断し、後々国や人のせいにしないようにしたいものです。

参考①

真実を探すブログさんより http://saigaijyouhou.com/blog-entry-407.html

先日に厚労省が子宮頸がんワクチンの接種呼びかけ中止を決定しましたが、この接種呼びかけ中止に続いて、今度は子宮頸がんワクチンを製造している製薬会社に対して、厚労省は注意事項に「長引く広範囲の体の痛み」を記載するように新たな指示を出しました。

この前の中止指示は一瞬で終わるかも?と私は見ていましたが、製薬会社にも明確な指示を出したということは、本格的に子宮頸がんワクチンの中止に向けて動き出していると見て間違いないでしょう。

☆子宮頸がんワクチン:製薬会社に厚労省「体の痛み記載を」 URL http://mainichi.jp/select/news/20130618k0000m040081000c.html  引用: 毎日新聞 2013年06月17日 21時53分  接種の勧奨を控えることになった子宮頸がんワクチンで、厚生労働省は製薬会社2社に対し、医師向けの添付文書の注意事項に「長引く広範囲の体の痛み」を記載するよう指示した。2社は16日に添付文書を改訂し、医療機関に通知を始めた。

 厚労省の指示は14日付。子宮頸がんワクチンには「サーバリックス」と「ガーダシル」の2種類ある。いずれの添付文書にも注意事項や副作用の欄に、失神や神経まひを起こすギランバレー症候群などは書かれていたが「体の広範囲が長期間痛む」症例の記載はなかった。

 同省は「重要な基本的注意」の欄に、発生原因は不明だが「注射部位に限局しない激しい痛み、しびれ、脱力などがあらわれ、長期間症状が持続する例が報告されている」と明記を指示。異常が認められた場合は、神経内科など専門医への受診を求める内容の記載を指示した。

 子宮頸がんワクチンは4月から定期接種になったが、接種後に体の痛みを訴える中高生が相次いでいることを受け、厚労省の専門家検討会が14日、積極的な接種の勧めを一時差し控えることを決めた。【桐野耕一】 :引用終了

厚労省が出した「子宮頸がんワクチン接種呼びかけ中止」は予想以上に世間の反響が大きかったようで、幼稚園などではお母さん達が「子宮頸がんワクチンって危ないの?」というようなうわさ話をしています。

当ブログでは子宮頸がんワクチン関係の記事はそんなに書いていないはずなのですが、先日辺りから「子宮頸がんワクチン」とか「副作用」で検索してくる方が明らかに激増。このブログのタイトルである「真実を探すブログ」というワードで検索をしている方が400程度なのに、「子宮頸がんワクチン」や「副作用」で当ブログに来ている方が2500超え。 ブログタイトルを少し超えるくらいならば過去にも何度かありましたが、ここまで数に差が付いたのは初めてです。私もあまりの多さにかなり驚いています。

参考②

子宮頸がんについてのYou Tube画像

http://video.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E5%AD%90%E5%AE%AE%E9%A0%B8%E3%81%8C%E3%82%93%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3+%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8+%E7%9C%9F%E5%AE%9F

 

2013年06月25日

なんとも久々の更新です。

昨年暮れに子犬を購入してから、なんとも手がかかり、仕事以外は犬に翻弄されてます。

数年前に14年間飼っていたアメショーのかわいいメス猫を亡くしてから、しばらく飼っていませんでした

が、家族全員ペットは大好きで、今回のマンションは猫はだめとの事、小さい犬なら許可ということで、

チワプーというチワワとプードルの黒いMIXが値段も安く、あまりに可愛かったので、娘とウィンドショッ

ピングに一緒に行ったとき思わず、この子だと即決してしまいました。

 

名前は海(KAI)です。25年前に飼った犬がスコッチテリアの黒い犬で空(KOO)でした。

KAIは購入時ビビリの奥ゆかしい子犬の感じでしたが、雄と聞いて、一瞬戸惑ったのが当たってました

半端でなくエネルギッシュで、還暦を今年迎えた主人と私には孫のような感じで、すでに2倍になった

体で体当たりのエネルギーです。自我も強く今までになくてこずってます。といっても可愛さ余ってつい

ついだめ親しています。

散歩の習慣が人間を強くしてくれてますが、時間に追われますね。

骨用のレメディーを毎日あげていたせいか、骨がしっかりしてドックランできる場所では走るスピードは

半端でないです。

 

動物の相談もたまに遠隔で見ますが、犬や猫ちゃんたちは感情面で病気になることが多く、QXで遠隔

すると、しっかり出てきます。

飼い主と話し合いますと、原因が一致して、動物は素直だからわかりやすいなーと思うことしばしばです。

最近は大型オウムの遠隔で、オウムさんも感情で病気になっていまして、賢いほど、心の病気をするの

は人間と一緒です。

人間化するほどメンタルな病気をするというと、元気な人は怒ってしまいますか。(笑)

何事もシンプルに考えることが必要ということだと思います。物事を複雑化してゆくことはエネルギーの

流れを悪くするのだと、感じます。皆様お元気で。

  タオルで作った犬です

2013年03月29日

環境省大気汚染物質広域監視システム

そらまめ君

http://soramame.taiki.go.jp/DataMap.php

 

全国各地の測定数値が発表されていてとてもわかりやすいですよ。

測定時報値の項目も

二酸化硫黄(SO2)

一酸化窒素(NO)

二酸化窒素(NO2)

光化学オキシダント(OX)

非メタン炭化水素(NMHC)

浮遊粒子状物質(SPM)

微小粒子状物質(PM2.5)

などの測定が出ています。ちなみに私の住んでいる横浜近辺では平塚の旭小学校近辺が一番高い数値でした。

先日、健康相談に来られた方が偶然にも平塚の海沿いから来られ、PM2.5に影響されて喉が不調で咳が続いた

といわれましたが、ずいぶん早いなーと思いましたが、本人様の自覚に間違いなかったかも知れません。

 

環境省Q&Aより抜粋

Q. 微小粒子状物質(PM2.5)は、どのようにして発生しますか。
A. 微小粒子状物質(PM2.5)には、物の燃焼などによって直接排出されるもの(一次生成)
と、環境大気中での化学反応により生成されたもの(二次生成)とがあります。
一次生成粒子の発生源としては、ボイラーや焼却炉などばい煙を発生する施設、コーク
ス炉や鉱物堆積場など粉じん(細かいちり)を発生する施設、自動車、船舶、航空機な
どのほか、土壌、海洋、火山など自然由来のものや越境汚染による影響もあります。ま
た家庭内でも、喫煙や調理、ストーブなどから発生します。
二次生成粒子は、火力発電所、工場・事業所、自動車、船舶、航空機、家庭などの燃料
燃焼によって排出される硫黄酸化物(SOx)や窒素酸化物(NOx)、燃料燃焼施設のほか
に溶剤・塗料の使用時や石油取扱施設からの蒸発、森林などから排出される揮発性有機
化合物(VOC)等のガス状物質が、大気中で光やオゾンと反応して生成されます。

Q. 季節によってPM2.5 濃度は変動しますか。
A. 例年、冬季から春季にかけてPM2.5 濃度が上昇する傾向がみられ、夏季から秋季にかけ
ては比較的安定した濃度が観測されています。

2013年03月29日

環境省資料より 人の呼吸器と粒子の沈着領域(概念図)

ホメオパシー新聞より

過去最大規模の大気汚染で国土が覆われた中国から、汚染微粒子が日本にも流れ着き、西日本の観測地点で環境基準を超える数値が観測されています。今回の汚染微粒子は直径2・5マイクロメートル以下の超微粒子を含み、粒が非常に小さい事から人体への影響は大きくなる可能性があります。

汚染微粒子には排気ガス、硫酸、アンモニア、硝酸由来の化学物質、様々な重金属、放射性物質(中国の核実験の産物)なども付着しており、大量に吸い込めば肺の奥に蓄積し、また粘膜を通過して体の中に入ってしまう事から、喘息や肺がんを引き起こす懸念が持たれております。

ホメオパシーでの予防レメディーを下記に紹介いたします。


○排泄解毒を高めるレメディー
・スモッグサポート・・Exhaust.(排気ガス)+Sul-ac.(硫酸)+Cement.(セメント)
・窒素サポート・・・アンモニア、硝酸由来のレメディー
・Sulph・・・・・・バイタルフォース(気、生命エネルギー)をアップさせるレメディー。
・Nux-v・・・・・・肝臓を強化し解毒力をアップさせるレメディー。

<その他、大気汚染を引き起こす物質>
・Asbes. アスベスト
・Diox. ダイオキシン
・Formal. ホルムアルデヒド
・Paint 塗料(エポキシ)

<症状があるときに粒で取るレメディー>
○咳の症状(汚染微粒子が肺に溜まった事から悪化)
Puls、Ip、Sil、Calc、Lyc

<花粉にも汚染粒子が付着します>
・環境Sugi 杉花粉
・Pine-p-j 松の花粉(日本)
・Mixed-poll.  ミックスドポーレン 花粉コンビ
・Mixed-poll-g.ミックスドポーレン&グラス花粉と草コンビ

その他にも石油コンビナートなどの近辺で体調の悪くなっている方はPetr.ペトロリュームというレメディーがあります。

個人差はありますが、アレルギー体質の方や、センシティブな方は上記のレメディーを試してみてください。

2013年01月01日

 

 

新年明けましておめでとうございます。

昨年は、当センターでまた多くの新しい出会いを頂きました。
 
誠にありがとうございました。
 
 
2013年の今年もいろいろなことが公私に亘って起きることでしょうが
 
真の医学であるホメオパシーの恩恵を多くの方にお伝えし
 
お役に立っていけますよう、更なる努力精進をして行きたいと思います。
 
 
今年も皆様のご家庭が更なる幸福と健康に彩られますことを
 
お祈り申し上げます。
 
 
2013年 元旦
2012年11月07日

前々回にお知らせしました、9月末に神田で開催されました第13回コングレスでコメンテーターの一人に

「数字で見る日本精神医学の実像」を発表されました小倉謙さんのお話が大変、勉強になりました。

日本では現在精神医療費が2兆円となっていて、抗鬱剤を1年間に服用した人が263万人にも達していて、しかも精神科の治癒率が0.06%未満という現状にかなりの驚きと疑問を抱きました。

最近メディアで発表された下記の記事も参考にして、鬱かなと思う心身の症状を感じましたら、軽いうちに是非ホメオパシーの副作用の無いレメディーをまず選択していただきたいと心から思います。

そう病治療薬、中毒の恐れ=半数で血中濃度測定せず-厚労省など注意呼び掛け

時事通信 113()1523分配信
 そう病や双極性障害(そううつ病)の治療に広く使われる炭酸リチウムについて、医薬品医療機器総合機構(PMDA)が調査したところ、患者に処方された2309例のうち52%の1200例で、一度も血液中のリチウム濃度測定が行われていない可能性があることが分かった。

 適正な濃度が保たれないと、リチウム中毒に陥る可能性があり、PMDAは薬の量を決めるまでは週に1回、その後も23カ月に1回をめどに血中濃度を測るよう呼び掛けている。

 PMDAは、日本医療データセンターから提供を受けた20051月~1012月の診療報酬明細書を調査。炭酸リチウムの薬が処方された1200例で、血液検査の記録がなかった。

 中毒の初期症状は、発熱、おう吐、錯乱など。食事や水分量が不足すると起きやすく、他の薬が影響することもある。
 PMDAによると、双極性障害の40代の男性は12カ月投薬を受けた後、歯痛のため非ステロイド性の鎮痛剤を併用した際にふらつきが始まり、リチウム中毒となって入院した。
 
 厚生労働省の担当者は「血中の濃度測定は薬事法上の義務はないが、薬の添付文書で検査するよう書いてある」と説明。「適切に測定し、調整してもらえればリチウム中毒は予防できる。医師は注意を守ってほしい」としている。 
 
 
うつ病、世界で3億5000万人=自殺者の過半数-WHO
  
 【ジュネーブ時事】世界保健機関(WHO)は9日、うつ病など精神疾患で苦しむ人が世界で3億5000万人を超えるとの推計を発表した。年間約100万人の自殺者のうち、過半数がうつ病の兆候を示していたとみられ、うつ病に苦しむ人に気付き、治療の支援を行う必要があると訴えている。

 うつ病になれば激しい気分の落ち込みが長期間続き、仕事など日常生活に支障が出る。大人のおよそ5%がうつ病にかかるとされるなど、WHOは地域などに関係なく「世界的な現象」としている。
 
 女性のおよそ5人に1人が産後うつを患うほか、アルコールや薬物中毒、経済状況、失業といった外部環境もうつ病を招く要因。治療薬、専門家によるカウンセリングといったケアが効果的だが、病気を自覚しないなど「必要な治療を受けている患者は半数にも満たない」という。(2012/10/10-00:37
 
2012年11月07日

先月は日記を更新できずにいました。申し訳ありません。

最新ホメオパシー情報を送らせて頂きます。/

ZENメゾットとは心と体と魂を三位一体で癒す手法で、その治癒率の高さゆえ日本のホメオパシーのレベルの高さが話題になっています。

11/2(金)オランダのカンファレンスにて由井会長が発表!Zen(禅)メソッド大反響となる!!

11月2日(金)、オランダのアルメロにてオランダのホメオパシー団体「Klassieke Homeopathie」が開催するカンファレンス、「Homeopathy against cancer」にJPHMA由井会長が招かれ、2時間にわたって「Zen(禅)メソッドによる癌へのアプローチ」をテーマに発表を行いました。「Klassieke Homeopathie」は、CHhomでもおなじみのエワルト・ストットラー氏が主宰のホメオパシー団体で、会場には開催国であるオランダを中心にベルギー、ドイツ、カナダ、インド等、世界10カ国から約200名ものホメオパスが集まり、大変熱気あふれるカンファレンスでした。

Holland5_t_2

「癌に対するホメオパシー」がカンファレンスのメインテーマとあって、由井会長が以前から注目し何度も日本に招いているガンの大家、インドのプラサンタ&プラティップ・バナジー氏(以下バナジー親子)の講演が同時に行われました。由井会長は今回、ハーネマンに基づいたアプローチを発展させたZen(禅)メソッドを紹介。海外のホメオパスたちに大きな反響を巻き起こしました。特に癌治療において癌マヤズムのレメディーを与えても改善されず、抗疥癬マヤズムのレメディーを出すことが治癒に導くことを症例を通して解説しました。

Holland2_t_2

Holland3_t_2

ガンという深い病理における厳しい好転反応を乗り越え、クライアント自身がもつバイタルフォースを如何に触発するかに渾身の力が込められた多次元処方に、一生懸命クライアントが応えていく様子や、治癒の過程が視覚的に伝えられました。その上に裏付けとなるハーネマンのオルガノン、慢性病論、晩年の他の文献も示されました。激しい好転反応を乗り越えて癌の再発がなくなった女性のケースや白血病のクライアントが検査の結果、異常値だった白血球などの値が、禅メソッドによるホメオパシー治療後は、全て正常値まで回復したケースが発表されました。特に白血病のケースでは、発表の途中にもかかわらず拍手が起こったほどでした。実例とデータをもとにした解説が非常に説得力があり、これまでの定説を覆す画期的な発表だったので、症例が終わると会場中から拍手が沸き起こりました。

参加者の感想をご紹介致します。

●Very interesting!!! Very much information, difficult cases with success - congratulations for your interesting work! It was little bit difficult to follow (for me) the reason for the choice of the remedies: the information was too much. I could learn many things from you. Thank you. Congratulations on your work about events related to Fukushima! The filim was very touching. Thank you !!!
とても興味深かったです!!!大量の情報と非常に多くの成果の大きいケースを見せて頂きました。レメディーについて、あまりに情報が多すぎたために少しだけついていくのが大変な部分がありました。たくさんの新しいことを学ぶことができました。ありがとうございます。福島への援助活動についても非常に成果を上げておられました。あの映像はとても心に響きました。ありがとうございました。

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス